コンセプト
プロフィール
建築日和フロー
ワークコンテンツ
ワークスペース
ケーススタディ
コンタクト
コメント
ホーム

↑設計料算定表
↑プロセスなど
↑税金の種類


私たち「建築日和」の仕事の内容についてご説明をしています。今後さらにコンテンツの内容を充実させていきますが、私たちで考えている内容の他に、知りたい内容や知っておきたい内容などがございましたら、ご連絡をお願い致します。

contents explanation
得意な分野について

・建築設計業務は大まかに「意匠設計」「構造設計」「機械設備設計」「電気設備設計」と分かれます。
私たちはその中でも「意匠設計」を業務の中心とする設計事務所です。

建築の設計は建物の規模によって業務の内容が変わってきます。
よく「犬小屋から超高層ビルまで」といった表現で、設計対象とする建物を示したりしますが、一人の設計者が何もかも全てこなすというのは実は大変難しいことなのです。
大規模な建物の場合は設計に係わる人数も時間も大きくなりますし、より専門かつ細分化してきますので、大きな組織の設計事務所や建設会社の設計部門が設計に携わることが多くなるようです。

しかしながら、設計業務、監理業務を行っていくうえで重要なことは細分化された知識や技術を統合する能力だと思います。
各技術部門をまとめて統括し、スムーズな流れで仕事を進めていくためには、統合力のある設計者が中心となって設計を進めていきます。
この役割を意匠設計事務所が負って、世の中に一人前の建物として送り出していくわけです。

最近では、建物の耐震性能や省エネ等が広く取り入れられるようになって、よりいっそうの専門的な知識が必要となってきています。
このような場合でも、専門事務所の協力を得て、責任を持って設計を行う態勢を整えています。

設計料について

・建築士事務所業務報酬算定指針に基づいて算出しています。
詳しい内容は
にてご紹介していますので、そちらをご覧下さい。

一般的に、設計事務所に設計を頼むと高そうなイメージがあると思いますが、設計料として発生するためにそのようなイメージが確立してしまうと考えられます。
ゼネコンや工務店やハウスメーカーやリフォーム業者のように設計から施工までを行うところでは、工事費の中に「設計料」が含まれていて、表面に現れてこない場合があります。
よって、安く感じられるという仕組みです。

発生する金額とプロセスについて

・必要なお金がどの作業段階で発生するのかをフロー形式にてまとめました。
建築日和フローのコンテンツやTAXコンテンツとあわせてご参考にしてください。

詳しい内容はにてご紹介していますので、そちらをご覧下さい。

その他の諸費用について

・いわゆる税金です。
大きく分類すると「登録免許税」「不動産取得税」「印紙税」「消費税」の4つに分かれます。一般的に総工事費の10%〜15%程度は準備する必要があります。

詳しい内容はにてご紹介していますので、そちらをご覧下さい。

仕事の範囲

・基本的に意匠系の設計業務でしたら、どこまでという範囲は決めていません。
建築日和のフローでも紹介していますが、企画で終わる業務もありますし、基本設計までの業務もあります。
建築に関してデザインができるのであれば、何でも提案をしていきたいと考えています。

仕事のエリア

・私たちの活動できるエリアとお考え下さい。
事務所の場所は、東京の渋谷区を拠点としていますので、そこから電車や自動車で伺える範囲です。
企画や基本設計の場合だと、割高な交通費のご請求となりますが、飛行機でのお伺いも可能です。
設計委託契約を締結する際に、交通費に関しても内容を明確にして表記しています。

今後の活動

・コンセプトでご紹介しているように「ボーダーレス建築設計事務所」を目標に活動して行きます。
最近の言葉で表現するとクロスオーバーとも言いますね。つまり特別な境界線を引いて仕事をしていく訳ではなく、建築に関するつながりが望める様な業務を積極的に行っていこうと思っています。

たとえば、プロフィールの業務内容ではご紹介していませんが、ホームページを作成したり、建築やインテリアに関する講義や講習会も開催したりしますし、インテリア小物の製作販売も考えています。
建築に関する無限のつながりを期待して活動していきます。


Copyright (C)
建築日和 Architect's Office.
All Rights Reserved.