コンセプト
プロフィール
建築日和フロー
ワークコンテンツ
ワークスペース
ケーススタディ
コンタクト
コメント
ホーム

※必ずしも下記のような手順が全てではございません。例えば、基本設計期間で終わる場合もありますし、マンションやアパートのリフォームやリノベーションの場合、もう少し簡潔になったりとしますので、ご連絡を頂ければご説明致します。

基本計画期間 設計相談

・土地があって新築にされる方、増築や改築にされる方、又はマンションのリフォームだったり、リノベーションだったり、オフィスから住宅へ、その反対の住宅からオフィスへのコンバージョンだったりと様々な案件をお抱えだと思います。

自分なりに相談事項を整理されたりとか、家族会議を開いて意見交換したりとか、相談事項や質問事項をまとめといて頂けるとスムーズにお話が進みます。

基本構想

・相談内容をより正確で現実的なものにしていくために、現地を調査したり、現地管轄の役所に出向いたり、近隣の状態を確認したりして、基本的な計画を行います。
・建物のボリュームやレイアウトの提案、おおよその予算、工期などを提示致します。

基本設計期間 基本設計

・基本計画の段階で決定された内容(ボリュームや構造、レイアウト)を図面化したり、模型を作成したりパース(完成予想図)を描いたりします。概算の工事費もこの段階で算出いたします。

設計業務のなかで、この基本設計が一番重要で、何度にもわたって変更したりします。完成する建物の基となる下図が出来上がる訳ですから、我々との打合せや双方で検討する作業が頻繁に行われます。

契  約

・本格的な設計業務を進めてゆくにあたり、業務委託契約を結びます。工事費から算出される設計料の、20%ほどをお支払い頂くことになります。
(パーセンテージあくまでもご参考として受け取ってください。業務委託契約時に、基本設計、実施設計、工事監理の比率を振り分けいたします。双方で、相談して決定いたします。)

実施設計期間 実施設計

・基本設計をベースに、より詳細な設計を行います。
工事を進行するために必要な、施工図の基となる実施設計図を作成する訳です。建物の規模、構造、仕上材料、設備、電気の機器類に至るまで、全てこと細かく決めていきます。

業務の内容としては、実施設計図(意匠図、構造図、構造計算書、設備図)や特記仕様書、工事費積算書、確認申請図書の作成です。この業務にともなって、施工業者から提出される見積書の内容確認や内容の査定、工事請負金額の妥当性を判断致します。

契  約

・締結した業務委託契約に準じ、工事費から算出された設計料の、50%ほどをお支払い頂くことになります。

工事期間 工事監理

・建物が設計図通りに施工されているかどうかを監理します。施工図のチェックや現場での打合せ、変更事項の対処などのために、現場には最低でも週1回は足を運びます。

契  約

・締結した業務委託契約に準じ、工事費から算出された設計料の、30%ほどをお支払い頂くことになります。

引渡期間 竣  工

・全ての工事が完了して、建物の引渡です。
建物の引渡までに、施工業者が自主的に検査を行い、引き続き工事監理者としての立場からも検査を行います。最後の建物完成検査時には、施主と設計者、施工業者と一緒に厳しい目で再検査をして、全ての業務が終了となります。

引  渡

・鍵を渡して、建物の取り扱いの説明が無事に終わると、施主・設計者・施工者のチームが解散です。名残惜しいのはいつものこと。


Copyright (C)
建築日和 Architect's Office.
All Rights Reserved.