東京の住宅コンペ

建蔽率40%・容積率80%のかなり制限の厳しい敷地に、二世帯住宅が可能な専用住宅を検討し、提案を行った物件。
さらに必須な条件としてローコスト住宅でなければならず、より一層建物を設計していく内容が狭められてしまった。
敷地北側に走る私鉄の影響で、騒音と振動に日々悩まされている現在の住まいからの建て替えなので、様々な問題と希望する部屋数を調整した結果、地上3階建てのコンクリート住宅として計画を進めることになった。
上下階への昇降に必要な階段は室内に設ける事が困難なため、建築面積の緩和を考慮して室外に直階段として計画した。
潔いまでのシンプルな箱を3つ縦に重ね、ライフスタイルをこの住宅のために見直すという条件を理解してもらい進めていった計画案だが、子供のいる子世帯と親世帯との完全なる二世帯住宅はスペース状不可能なため、同居という考えに改めてもらうことになった。
建築所在地: 東京都西東京市
用途地域: 第1種低層住居専用地域 防火無指定(法22条指定区域)
敷地面積: 71.05㎡
建築面積: 27.93㎡
延床面積: 64.73㎡(建築基準法施行令第2条3項適用)
構造規模: 壁式鉄筋コンクリート造 3階建,フーチング基礎
道路幅員: 約6m
駐車場: 1台

Drawing Gallery

Pers Gallery

© 2021 建築日和