コンセプト

"建築する"のに最良な日。
楽しく生活するための空間やものづくりに最適なとき。
"建築する"とは和やかな心で見る、知る、つくること。
良い日和はみんなの願い。

私たちは「建築日和」の意味をこのように考え、事務所の名前に採用しました。
空間やものを創造する私たちにとって、環境はとても大切なことです。同じように人それぞれ、自分にとって必要な空間や大切にしたい環境があると思います。“日和”を手掛かりにものづくりを始め、ものづくりを通じてさまざまな活動をしていきたいと考えています。何事にもこだわりを持ち続け、仕事にも趣味にも全力投球。これが私たちのスタイルです。

分野に捉われない"ボーダーレス建築設計事務所"として活動します。

私たちは全てのデザインの根源は建築にあると考えています。そして建築を通じて、人が何に興味を持ち、デザインすることで何ができるのかを追求していきたいのです。建築に限らず、より多くの人が楽しむことができる空間づくりをサポートします。ですからオフィスや店舗等の設計はもちろんのこと、エクステリアにインテリア、家具やテキスタイルにグラフィックなどデザインに関わることは積極的に提案していきます。

着ること、食べること、住むこと。人が生活するために必要な基本的要件。

日常生活に当たり前にあることですが、それぞれを個別の行為として捉えるのではなく、一体のこととして考えます。生活の基本となる3つの要素がスムーズに交われば、くらしはもっと快適になるはずです。私たちは「住→食→衣」連鎖の最初に居住空間を置き生活サイクルをより良いものへと創造したいと思っています。

まず話すこと。それが私たちの「ものづくり」です。

仲間と話す。自分と話す。ものと対話する。とにかく話し、そして考える。ものづくりの醍醐味は価値観の違う人同士がある価値を見出すことにあります。見えないものを見えるようにするわけです。
窓に切り取られた風景に満足しているとしても、その向こうにある見えない部分にもすばらしい景色があるかもしれません。私たちはそんな発見を求め、見えていないものとの関係を大切にしていきたいと考えています。
形を示すことが建築の宿命ですが、社会背景や過去の知恵そして他分野の技術など直接形に現れないものにこそ重要な手掛かりがあるのです。私たちはもちろんのこと、多くの人たちから「今日は良い建築日和です」と言われることを目標にしたいと考えています。

© 2021 建築日和