スペシャルワンなネームレス住宅

中央にあるのがトイレなどの水回りを納めた「コア」で、構造耐力上重要な部分として計画しました。
コアの廻りに展開するスペースは、空間的な繋がりを残しながら様々な用途に設定が可能なので、ここでは敢えて室用途を決めていません(例えば、ベッドルーム、書斎、アトリエ、家事室など)。
これらの空間は、プライバシーの度合いに変化を持たせることも可能ですし、住宅用途以外のスペースに設定することも可能です。
さらにコアの位置を移動させることで、周囲の空間の大きさが変化し、部屋をパズルのように当て嵌めるやり方とは違った計画手法で設計することができるのです。
また、コア構造は外壁の開口部を比較的自由に設定できるので、個性的なデザインが可能で、まさに「スペシャルワンなネームレス住宅」を提案できると考えています。

© 2021 建築日和