スキップシンメトリーな住宅

住宅に対する要求は時と共に変化していきます。完成(又は購入)当初に思い描いた将来予測が往々にして違ってくることがあります。
家族構成や当初のライフスタイルなどから必要諸室を設定し、住宅の規模を想定します。勿論予算も規模想定の重要なファクターとなります。
例えば、陽当たりの良いリビングや対面のキッチン、トイレは2ヶ所必要で、明るい洗面所が欲しい等々。そして寝室には、ウォークインクロゼット、個室は2室で、できれば書斎(ホビールーム)も欲しい。
膨らむ夢と理想はとどまるところがありません。そこで本当に必要な室とそうでないものを取捨選択しなければなりません。そう、優先順位を付けるのですが、なかなか決まらないのが実情のようです。
住宅は「ワンルームに始まり、ワンルームに終わる」という考え方が示すように、固定的な考え方をしないことが重要だと考えています。
ここに示したプランでは、1階にリビングやダイニング・キッチンといった生活空間を設定し、2階をワンルームスペースとしました。後々移動が困難な水廻り空間(浴室や洗面)をサイドコアにまとめてワンルーム空間の自由度をより高める狙いです。
つまり個室は必要な時に必要な形に仕切ることが可能になり、住まい手側が、決められた固定空間に合わせて生活の仕方を決める必要が無くなるわけです。
また、コアの水廻り空間は1階と2階の中間レベルに設定し、上下階からのアクセス性と独立性を高める計画としています。
構造は、RC・鉄骨・木造に対応が可能で、規模想定80~90m2の計画案です。

© 2021 建築日和