東川口プロポーザル

空室がかなり目立つ築17年経過した賃貸集合住宅を、リノベーションを施して再活性化させる提案を行った。計画地はJR武蔵野線東川口駅から徒歩3分程度に位置する好立地に存在している。部屋のタイプは典型的な3DKと2DKタイプの構成で、襖等の建具で仕切られているわけではなく、鉄筋コンクリートの躯体で空間が構成されているので、圧迫感と個々の部屋の狭さが感じられていた。

リノベーションを施す為のターゲットとなる賃貸客層が明確になっていない事もあり、部屋のレイアウトに多少の迷いを生じたが、何案かのケースを想定しながらデザインを進めていった。両タイプ共基本はワンルームに変更し、SOHOや多目的な使用が可能なスペースをつくり、空間の自由度を向上させている。

計画案では住居の他にもオフィスとして使用が可能なように、仕上げ材の選択に気を使っている。例えば土足でも使用できるように耐久性のある木質系フローリングを敷いている床や、ピンナップ等の貼り付けに適している壁など、不特定な利用がしやすいように考慮した。

建築所在地: 埼玉県川口市
主要用途 共同住宅
用途地域: 第2種中高層住居専用地域 防火無指定地域
敷地面積: 772.69㎡
建築面積: 436.07㎡
延床面積: 1,785.81㎡
構造規模: 鉄筋コンクリート造 地上5階

Drawing Gallery

Pers Gallery

© 2021 建築日和