千住の家

建築主からの与条件は、家族4人が住まう住宅ということと、元々この敷地を月極駐車場として使用していた関係から、必要台数の駐車場を確保するという2つの条件のみであった。
駐車場の大きさが計画の決定要因となり、私の頭には「住宅らしからぬ住宅」になりそうな予感があった。1階開放スペースの上空に浮いた希有でインパクトのある形態のイメージ。漠然とそんな思いを抱いたのは、千住の中でも古い地域で感じた停滞感からなのかも知れない。
必要な空間は、柱以外に遮る物がないフラットなスペースである。このスペースを構築するために1階を鉄骨によるフレーム構造とした。上階は木造の住宅で、南傾斜の緩勾配の屋根兼深い庇、楔形のフォルム、角が立ったシャープな線、これらが外観の特徴である。また、見る角度によって違って見える軒の線や光線の具合で変化するアルミ部材の輝きもこの建物の存在感を高める要因となった。
工事中幾度と無く近所の小学生達のこんな会話を耳にした。
「俺、この家に住みたい!」という設計者として嬉しい限りの言葉である。恐らくは、1階の広々としたスペースが魅力的な空間に見えたのだろう。キャッチボールをしたり、ラジコンカーで遊んだりしたいに違いないと思った。
ここが彼らにとっての名所になったのかも知れないと感じたのだ。
果たして、この街に“楔”を打ち込むことができたであろうか?この答えは、小学生達が大人になる頃まで待たなくてはならないだろう。
建築所在地: 東京都足立区千住大川町
用途地域: 準工業地域・準防火地域
敷地面積: 195.74㎡(59.2坪)
建築面積: 190.12㎡(57.5坪)
延床面積: 鉄骨造(一部木造) 地上2階
構造規模:

Drawing Gallery

Pers Gallery

Photo Gallery

© 2021 建築日和