谷中のリフォーム

下町情緒溢れる東京の台東区谷中エリアに、築80年の歴史と古めかしいたたずまいを醸し出している木造2階建て住宅のリフォームを承った。施主と顔を合わせた当初、建替えにするか改修にするか施主はかなり迷っていた様子。しかし、ディスカッションや建物の現調と診断を繰り返してゆく度に、その歴史ある古い住宅を修繕しながら労り続けていって欲しい気持ちが高くなり、施主である若い夫婦に納得してもらうことからこの仕事を始めた。
何でもかんでも新しくしてしまう傾向がある昨今、保存するに値する建物が手に入れば、多少住みにくくても工夫をこらせば、住めば都的な住宅にすぐに変貌するものであると思う。よって、構造的に特別問題が無ければ、経年劣化によって発生しているマズイ部分の修繕と水回りのリフレッシュにより、若い人でも問題無く住める状態の住宅に仕上げた。その他の大きな設備投資として、床板張りの部分には床暖房を設置している。じんわりと床からの輻射熱によって空間を暖める床暖房は、急激な乾燥伸縮を招く恐れのある瞬間的に効果を発揮する暖房器具よりも、古い住宅には有効であると考えた。
「和」をベースに新しく構成したイメージは、照明器具の統一、床や壁の仕上材などによって作り込んでみた。特徴的になるであろう板張りの床は、畳のように配置して室内空間の全体のバランスを調和してくれた。
建築所在地: 東京都台東区谷中
用途地域: ----
敷地面積: ----
建築面積: 55.95㎡(16.92坪)
延床面積: 108.34㎡(32.77坪)
構造規模: 木造 地上2階

Drawing Gallery

Pers Gallery

Photo Gallery

© 2021 建築日和